follow us in feedly

デジタル写真とフィルム写真の保管。

PENTAX67 smcPENTAX 105mm EKTAR100

PENTAX67 smcPENTAX 105mm EKTAR100

デジタルにしろ、フィルムにしろ、問題の一つはその管理方法。
上手く整理しておかないと、どこに何があるのか分からなくなったり、写真を見てもいつ撮ったものだかすぐに分からないなんていう状況になってしまうことがしばしばあった。
写真は見てなんぼ、というものだと個人的には思っているので、なんとか撮った写真を見やすく整理したいと思っているのだけど、これってなかなか難しい。

デジタル写真は気軽にシャッターを切りやすい反面、データが大量になってしまい、管理費が非常に面倒くさい。フィルムはデジタル程撮影しないものの、それなりの量にがあるプリントとネガを関連づけて保管する必要があって、どっちもけっこう面倒くさい。

どうしたもんかと今でも悩んでいる部分はあるけど、とりあえず、写真のデータ管理についてはAppleのApertureというソフトを使って管理している。
簡単な画像処理からデータ管理まで一気通貫でできることやiPhone等のApple製品との親和性の高さが便利で使いやすい。

デジタル写真の管理は基本的にこれで問題ないのだけど、バックアップがないとちょっと心配と思う人も多いんじゃないだろうか。
CDRに焼くとか外付けHDDとかの方法もあるけど、それよりもクラウドサービスの方が安全かなーと今は考えているので、いくつかの外部のサービスを使って写真を保存中。

一つはFlickr。去年、グレードアップして1テラバイトの容量が無料で、1つのファイルあたりの制限や1月あたりの制限も無い。
1テラバイトも容量があれば、仮に10MBの写真でも1万枚の写真が保存できるわけで、まぁ、よほど大量に使用しない限りは十分なはず。

あとは、Google+の写真サービス。Picasaと統合されたので、ちょっと整理がよく分かっていないところもあるのだけど、今はもうGoogle+の一環のサービスになっていると思う。
こちらは、2048×2048 ピクセル以内の写真や 15 分以内の動画は、無料。それ以上の大きさのファイルは容量としてカウントされるけど、15GBまでは無料。

年末にiPhoneからXperiaに変えたので、写真をスマホで見るという観点ではこのGoogle+のサービスがやっぱり使いやすい。同じようにソニーにもPlay Memoriesという同様のサービスがあるのだけど、とにかくソフトウェアが使いにくくて…。1度にアップロードできる枚数が100枚に限られているうえに、アップロードに失敗する頻度もすごく高い(Macだから?)。ログインを頻繁に求められたりするのも面倒だし、UIもイマイチで、使いづらいという印象がすごく強い。できればソニーのサービス使いたいなと思っていたけど、アンドロイドスマホはやっぱりGoogleのサービスとの親和性が一番高い印象。(公開設定は十分に気をつけて設定する必要があるけど)

 

少し話がそれたけど、デジタル写真に関しては、オリジナルのファイルの大きさで保存したい物はFlickrにアップして、スマホで見るだけ、というものに関してはGoogleのサービスを使うというのが今のところの整理。

どちらを使うにしても、もとはApertureで管理しているので、こちらを分かりやすく整理整頓することを心がけないといけないわけだけど…。

フィルムに関しても、とりあえずスキャンしてデータはApertureで管理。ファイル名からネガにたどり着けるように、ネガを保管する時にメモをつけるようにしている。こうすればどの写真がどのネガにあるのかが分かる、はず。
あと、プリントも大量に溜まるので、こまめにアルバムに閉じて、そのアルバムの背表表紙には大まかな時期と内容をメモしてる。
すごくアナログな面もあるけど、これで、デジタルデータとプリントとネガが緩く連携できている。手書きの整理とかも意外と便利な物だなというのが最近の発見かも。

 

上手く使いこなせば、クラウドサービスというのはやっぱりすごく便利。写真とかをよそに預けるということに抵抗を感じる人もいるかもしれないけど、設定さえしっかりしておけば、それが漏れ出るリスクってPCが壊れる・水没するというリスクよりは低いと思うので、積極的に活用した方がいいのではないかなーというのが個人的な感想。

 

やっぱり、写真というのは見て楽しむ物だと思うし、少しでもその「写真を見る」という行為がやりやすい環境を作ることがより写真を楽しむということにつながるのではないかなーと。
どこにどの写真があるのか探すのに時間がかかったり、モバイル端末で表示するまでのタッチが多い、というような状態は写真を見なくなることの遠因だと思うので、できれば避けたい。

その為には、多少時間をかけて便利な使い方を調べる必要はあるかと思うけど、ほんのちょっとの手間なので。このやり方がベスト!なんてものは無いと思うし、人それぞれだとは思うけど、写真の整理を少し工夫すれば、もっと写真を見るようになるし、そうするともっと写真が好きになるのではないかなー。

 

写真は去年の9月に新潟に行ったときのもの。
すごく素敵な建物で、中にあるレストランも素敵で美味しかったはずだけど、子供が小さくて静かにできないので、ヒヤヒヤしながら急いで食べた記憶しか残っていない…。

 

 

Popular Posts:

Leave a Reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。