follow us in feedly

子育てと写真を撮ること。

もう今年もあっという間に8月。
本当にあっという間に時間が過ぎていってしまう。お正月も桜の時期もついこの前のような感じがしているけど、随分と時間が過ぎてしまった。

毎日の生活に精一杯で、余裕もなにもあったものではないけれど、最近は1日の最後に一息ついてその日を振り返る時間を取るように意識するようにしている。

その日あったこと、失敗したことうまくいったことなんかを少し書き出してみたり、明日のことを考えてみたり。その日1日と明日の予定の整理整頓をすることでちょっとだけ心の余裕にもつながるような感触があって、ほんの少しだけ日記みたいな形で書き出してみるとなんだかすっきりする。

 

夜にその日を振り返ると、どうしても反省モードになってしまうから朝の方がいいよ、という意見も見かけて、それを実践してみたこともあったのだけど、どうも寝て起きてから前の日を振り返るということに馴染めず、結局やめてしまった。
僕の場合、やっぱり夜に1日を振り返る方が気持ちの整理がつきやすいみたいだったので。

そして、その時にその日撮った写真なんかを見ながらだともっといいなぁと思う。時間に追われ、1日があっというまに終わってしまうけど、写真があると、その写真を撮った時の自分の気持ちを思い出せたり、ちょっと客観的に自分を見ることができたりするから。
子供の写真を見ていると、撮っている時には気がつかなかったような表情があることもあって、「あぁ、イライラしてごめんね」という気持ちになってしまうこともよくある…。

子育てしている人にはよくあることだとは思うのだけど、時間に余裕がないとどうしても心の余裕もなくなってしまい、朝の準備を急かしてしまったり、話しをちゃんと聞いてあげられなかったりということがある。
保育園に向う途中で「あ、ダンゴムシ…!おおきいねー!」と言って立ち止まって動かなくなってしまった時にどうやって気持ちを切り替えさせたらいいのか分からなくて、「うんうん、そうやね。さ、早く行こう…!」なんて具合になってしまったり。

でも、できればそういう時も無理やり急かすのではなくて、ちゃんと会話をして、本人が気持ちを切り替えて前に進めるように促せたらどれほどいいだろうかと、ことあるごとにずっと思ってきた。

 

 

PENTAX MZ-5N smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited ACROS100

PENTAX MZ-5N smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited ACROS100

 

 

「怒らないようにしよう」なんていう誓いは時間に追われる毎日のなかではあまりに無力で、これまで何度挫折したことか。実現するにはどうやって時間と心にに余裕を持たせるかが大切であって、気持ちの強さの問題ではないと思う。僕の場合。
そうやって考えた結果の1つが1日の振り返りであったり、写真を見てみることにつながっている。

ただ、忙しいとゆっくり写真を撮ろうという気持ちになれないこともよくある。だから、ちゃんと向き合って写真を撮りたいなと思える気持ちを持ち続けられるよう、毎日の生活を無理が出ないように整えることを意識するようになってきた。
それでも自分で調整できる範囲にも限界があるし、まだまだうまくいかないこともたくさんあるけど。

育児本読んでみたり、ライフハック試してみたりしてもすぐにうまくいくことなんて何もない。やってみては失敗しての繰り返しで、その失敗の中から少しずつ自分に合うやり方を探っていくしかない。
色々試してみても失敗ばかりでうまくいったことなんてほとんどない。それでも長い目で見てみると、少しずつ良くなってきているんじゃないかと信じたい。

 

僕ぐらいの子育て世代は、みんな同じように日々の生活を回していくのに苦労しているんだと思う。
でも、この必死な毎日も、あとで振り返るときっと懐かしくなる。

だからこそ僕は、そんな毎日を少しでも写真に残していきたいなと思っている。
いつになるかは分からないけど、振り返ってみるときに写真があったらいいなと思うから。できたらプリントをして残しておいて、同じだけの時間を経た写真を見ながら振り返りたい。

このデジタルの時代にわざわざプリントしなくても、と思われるかもしれないけど、やっぱりプリントして手に取れる形で残しておいた方が手にとって見る機会が多いと思う。それに、何十年と放置したデジタルデータがどうなるのかよく分からないところもあるし。

 

子供と過ごす時間というのは長いようできっとあっという間だ。
ちょっとしたしぐさや顔つきは一瞬と言ってもいいくらいで、今しか撮れない瞬間が日々の暮らしの中にたくさんある。

そんなに写真ばっかり撮ってどうするのよ、って言われたりもするけれど、撮りたいから撮っているだけで、どうしようってあんまり深く考えてない。
ただ、撮って残したいなと思うだけで。そして、できれば少しでもいいなと思える写真を。

 

写真って、要するに自分の視線だ。自分が見たものが見ているように写る。
その日の子供の写真を見ていると、自分がどう見ていたかもなんとなく伝わってくる。

そんな写真で、いいなと思えるものを撮れるようになれれば、きっと日々の暮らしも少しはいいなと思えるものになっているんじゃないかなぁと思っている。

 

あれこれ考えなくてもいいと思う、明日からもまたパチパチと写真を撮ろう。

 

 

 

Popular Posts:

Leave a Reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。