follow us in feedly

40年前のレンズを使ってみて思うこと。

Posted by on 8月 25, 2013 in K-5, SMC TAKUMAR 55mm f1.8 | 3 Comments
PENTAX K-5 SMC TAKUMAR 55mm/f1.8 ISO400 F2.4 1/40

PENTAX K-5 SMC TAKUMAR 55mm/f1.8 ISO400 F2.4 1/40

きれいな描写でビックリした。

今のレンズみたいにくっきりはっきりではないけれど、柔らかすぎるわけでもなく、しっかり写っている。

 

このレンズはペンタックスの「SMC TAKUMAR 55mm F1.8」というレンズ。たぶん、1970年代の前半に発売になったレンズだと思う。今のKマウントではなく、ねじ込み式のマウントで一般的にはM42と呼ばれている。だから、今のペンタックスのデジカメで使うにはマウントアダプターを使う必要がある。

当然だけれど、マニュアルフォーカスの感触もすごくいいし、ピントの山も分かりやすい。全部金属製という塊感も個人的にはすごく好きだ。それにオートフォーカスとか手振れ補正の機構がレンズにないからすごくコンパクト。デジカメでもすごく撮影が楽しく感じる。

唯一不便なのは自動絞りが使えないこと。だから撮影をする時には、絞り込んで露出を決定してから絞りを解放に戻してピントを合わせ、再度絞りを設定してからシャッターを切る、という手順を踏むことになる。

個人的にはF2.8くらいなら絞りはそのままでもピント合わせは問題ないとは思う。それにライブビュー撮影でピーキングとかを使えば、絞ったままでもピント合わせはやりやすいのではないだろうか。

 

それにしても昔のレンズは作りがしっかりしている。

このレンズもかつては入門レベルのレンズだったと思うけど、安っぽさがない。細かいところだけど、文字のフォントも昔のものの方が好きだ。シンプルでバランスがいいと思う。

おそらく、技術の進歩によって、より安価な素材で十分な性能を出せるようになったからこそ、レンズの鏡胴にプラスチックが使われるようになったのだろうし、ガラスレンズだけでなくプラスチックレンズが使われたりするようになったのだと思う。

だから、軽いレンズだからだめだとか、プラスチックだから写りが悪いという話ではないと頭では分かっていても、軽かったりマウントがプラスチックだったりすると、安っぽさを感じてしまい、物に対する愛着がいまいち持てなかったりする。

軽くてしっかり写ればそれが一番いいような気がするのだけれど、手にした時の物質感が物を所有することに対する満足感にすごく影響してくる。

昔のレンズがそこまで考えられてデザインされていたわけではないと思うけれど、結果としてすごく満足度の高い物になっていると思う。

全部個人的な主観だけれど。

 

こんな古いレンズが最新のデジカメでも問題なく使えるようにしてくれているペンタックスの姿勢もすごく素敵。

使い始めたばかりだから、まだまだこれからの付き合いだけど、また一つ大切にしたいものが増えた。

 

 

Popular Posts:

3 Comments

  1. cyapu
    2015年1月13日

    はじめまして、Pentax K-50を1年前に購入し、写真にはまっております。
    ズームレンズも楽しいのですが、始まりがGR Digital Ⅳだったのでやはり単焦点が気になっています。
    Sigmaの単焦点レンズ30mmF1.4を購入検討していたのですが、高嶺の花で迷っていた所、オールドレンズなるものがあることを知りました。
    早速、ネットで検索していると、このサイトにたどり着きました。
    ヤフオクなんかでレンズを探しているのですが、オークションの信用度からして少し不安に思っています。
    中古レンズはどこで購入するのが良いのでしょうか
    やはり、中古レンズ専門店で購入がベストでしょうか
    何かアドバイスいただければと思います。
    また、中古レンズ使用するに留意点等も教えていただければ嬉しいです。
    私が欲しいレンズは、「smc PENTAX-A 50mm F1.4」です。

    Reply
    • YOYO1981
      2015年1月17日

      >cyapuさん

      コメントありがとうございます。
      sigmaの30mm f1.4いいですよね。僕もあのレンズ欲しいです…。
      中古レンズですが、当然ですが、中古店(個人的には八百富写真機店とかカメラのナニワ、新橋イチカメラあたりをよく見てます)で購入された方が無難だとは思います。オークションの場合は、現物を確認するわけではないので、どうしても「思っていた感じと違った」ということもありますし(私も経験あります)、そのリスクと価格差のどちらを取るかということになるかと思います。
      特にsmc PENTAX-A 50mm F1.4のようなレンズだとオークションでも人気ですので、結局のところ中古店で購入するのとそれほど変わらない値段になるケースが多いのではないかなぁとも思います。
      中古レンズには、レンズ内の細かなチリなどがあることが多いですし、本体の痛みの具合やピントリングの感触などが自分の許容範囲かどうかのチェックが重要かなぁと思います。
      M42のマウントになるとぐっと値段も下がるんですけど、使い勝手としては圧倒的にPENTAX-Aのレンズですしね、悩ましいところですよね。
      良いレンズとの出会いがあることをお祈りしています!!

      Reply
      • cyapu
        2015年1月19日

        ありがとございます。
        参考にして、お店徘徊いたしますw

        Reply

Leave a Reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。