follow us in feedly

自分で写真を撮りたい。

Nikon F3 NIKKOR50mm/f1.4 ACROS100

Nikon F3 NIKKOR50mm/f1.4 ACROS100

フィルムがいい、マニュアルカメラがいいという理由の一つとして、雰囲気の他に、1枚に集中するから、ということがよく言われる。

フィルムは1カットごとにコストがかかるから1カットを大切にするようになるとよく聞く。

マニュアルフォーカスは楽しいということはよく聞くのだけれど、1枚に対する思い入れのような話はあまり聞かない。たまたまかもしれないけれど。

ただ、僕としては1枚にかける想いが強くなる理由としては露出とフォーカスがマニュアルフォーカスであることもすごく大きいと思っている。

それは、撮影結果の責任がほぼ全て自分に帰属するからであり、だからこそ相手をしっかりと見て撮影するから。

露出を確認する、ファインダーの中で少しずつ像が立ち上がっていくのを見つめながらピントリングを回す、ピントの山を確認する、構図を確認するという一連の作業は全て自分がする。そうやって撮影する1枚に対する想いが大きくなるのは当然だ。

1枚の写真を撮るために考えることがデジタルカメラに比べて多いし、面倒くさいところもあるとは思うけど、その手間が楽しい。

多くの人が、自分や相手にとって大切な1枚を残したいと思って写真と撮っていると思う。少なくとも僕はそうだ。そして、できればそれは自分で撮りたい。

全部オートだと、僕はシャッターボタンを押しているだけで、カメラが撮ったみたいな気がしてしまってどうもしっくりこない。

そう思ってマニュアルのフィルムカメラ使ったり、デジカメでもマニュアル露出とマニュアルフォーカス使ってみたりしてるのだけれど、これってやっぱり少数派なんだろうなぁ。

 

 

Popular Posts:

Leave a Reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。