follow us in feedly

PENTAX Q-S1と日常写真。

Posted by on 12月 24, 2014 in 02STANDARDZOOM, PENTAX, PENTAX Q, PENTAX Q-S1 | No Comments

発売からずいぶん時間がたってしまったけど、ようやくPENTAX Q−S1を買った。

最近は35mmフルフレームのデジカメを買う人が周りに増えてきたので、羨ましいなぁ〜、と思いながらもなかなか踏み出せず、いろいろ考えた結果、Q−S1に。

確かに35mmフルフレームカメラの画質は圧倒的で、画質のことを考えたら迷うところではないのだけど、レンズのことも考えるととにかく高くついてしまうし、バケペンもあるし、K−5とDA☆55mmの組合せにも大きな不満ないしなぁ、とかなんとか考えているうちに中でカバンに入れてもかさばらない、いつでもどこでも持っていけるPENTAX Q-S1もいいなぁと思うようになってきた。

初代のQを使ってはいたけど、借り物だったから自分のQも欲しいなぁと思っていたところにこのQ−S1の発表。Q10とQ7のデザインはそこまで好みではなかったのだけど、今回はずいぶんクラシカルな外観に変わり、すごくスッキリとしたデザインになった。
これまでのどことなくチープな感じがずいぶんと変わり、よりカメラっぽくなったし、丸みを帯びてる形もM型ライカっぽくていいと思う。

 

画質については、もうたくさんのレビューやら作例が出ているので今更どうこう言うことではないんだけど、期待通り。このカメラでRAW撮影することなんて滅多にないと思うけど、付属してる現像ソフトもこれまでに比べるとずいぶん使用勝手が良くなってるのも地味に良かった。
ボディはプラスチック製だし、液晶もスペック的にはイマイチなので、使い始めたら不満に感じるんじゃないかとちょっと不安だったけど、不満どころか今は逆にすごく満足。ボディには金属の冷んやり感こそないものの、値段を考えればむしろコストパフォーマンスが高い質感なんじゃないかなぁ。塗装がしっかりしていたり、目立つところに金属パーツが使われていたりすることが満足感につながっているのかも。

マウントもしっかりとした金属製だし、キットの02STANDARDZOOMレンズの造りだって金属が使われていて質感はかなり高い。
見た目はおもちゃみたいなカメラなのに、すごくしっかり作り込まれているあたりがこのカメラの大きな魅力だと思う。

そもそも画質を求めているカメラでもないので、液晶もこの程度で何の問題もない。高画質な液晶なら綺麗に見えるかもしれないけど、このカメラを使っていて感じる満足感にはそれほど影響ないんじゃないかなぁ、という感じ。

このあたりは、好みの問題もあると思うので、感想は人によってだいぶ変わると思うけど。

 

 

PENTAX Q-S1 02STANDARDZOOM ISO100 f2.8 1/800

PENTAX Q-S1 02STANDARDZOOM ISO100 f2.8 1/800

 

そして何より大きいのがいつも持ち歩ける、ということ。

スマホの写真もすごく綺麗に撮れるようになったから、スマホがあればだいたい大丈夫っていうことは言えるかもしれないんだけど、とにかく撮りにくい。そもそも写真を撮るためのデザインじゃないから写真を撮るには持ちにくい。だから落としそうで怖いし、はっとしたときにバッっと取り出してチャッと撮るという使い方ができない。

あとは露出とかピント合わせが思うようにできなかったり、ブレやすかったりで、個人的にスマホの写真使用率はすごく低い。やろうと思えば設定も色々できるけど、思うような写真を撮るという速写性に欠けるのがスマホカメラの弱みかなぁと思う。

 

子供の写真はいつどこでシャッターチャンスがくるか分からないから、できればカメラはいつも持ち歩きたい。でも、子供といるときは荷物があったり、一緒になって遊んだり、抱っこしたりであまり大きなカメラって持ち歩けない。
普段の生活の一コマを残していくには、いつでも持ち歩けて、写真撮りやすくて、それなりに綺麗に撮れるカメラというものがやっぱり欲しくなる。

そういう意味では他のコンパクトカメラでもよくて、GRとかRX100とかG7Xあたりも候補ではあったのだけど、ここは完全に好みの問題。Qが写真を撮るのが一番楽しめそうな気がしたから。やっぱり楽しいと感じられないと持ち出さなくなるし。

あと、カメラとしての存在感が大してない(失礼)というのもいいと思う。

子供でも、大きなカメラを構えるとどうしても構えられたりすることがあるんだけど、Qの場合はいい意味でおもちゃっぽくて存在感がないから、自然な表情のままでいてくれることが多いし、人が多いところでQを構えても大して目立たない(はず)。

 

たまに、「カメラって何を買えばいいの?」っていう難しい質問をされたりするけど、PENTAX Qは個人的にかなり推したいカメラでもある。
当然、どういう写真を撮りたいかで答えが変わるけど、大きく引き伸ばしてプリントすることがほとんどないなら、PENTAX Qで事足りることが多い。

大きなセンサーで写真を撮れば、もちろんより高精細で階調豊かでボケ味も素敵な写真が撮れるんだけど、L判とか2L判くらいでプリントしてみた時、正直なところ僕はボケ以外にそんなに大きな違いを感じない。
並べて見てみれば確かに違いはあるけど、その違いよりも軽さ、小ささのメリットの方が大きいかなぁと。
A3とかまで伸ばすことが前提だったり、ディスプレイでしか見ない、っていうことならまた話は変わってくるけど、小さくプリントするだけならPENTAX Qでも綺麗に撮れる。

 

何気ない一瞬を、はっとしたときにすぐ撮れる。PENTAX Qは、そういう日常の写真を残していくには最適なカメラだと思う。
速写性なら正直なところGRだと思うけど、GRは単焦点でレンズ固定式だから、ここさえクリアできればむちゃいいカメラだと思う。ちょっと欲しい。いや、だいぶ欲しい。

 

でも、Qの方がかわいらしいカメラだから、子供撮るには気持ち的にはやっぱりQだなぁ。

 

Popular Posts:

Leave a Reply