follow us in feedly

自分のための家族写真。

写真を撮るというときには、きっとそれなりに理由がある。

僕はここのところほとんどが子供の写真になっているけど、どんどん大きくなっていく子供を見ていると、今この瞬間を少しでも残しておきたいという気持ちになるから、毎日写真を撮っているのだと思う。

そして、それは子供のためでもなんでもなくて、結局は自分自身のためなんだと思う。
毎日撮ってる写真も、旅先で撮る写真も、写真館で撮ってもらうようなちゃんとした家族写真も、よくよく考えてみたら自分自身のために撮っている。

今という時間があったことを忘れないように。自分が何をどう見ていたのかを忘れないように。

自分が思っている以上に、記憶なんていうのは曖昧なもので、これからどんどん衰えていってしまうのだから。やっぱり写真を見ることで思い出せることってたくさんあるはずだ。
ものすごく便利な世の中にはなったけど、今の瞬間を残しておくには写真以外にいい方法が思い当たらない。
大昔の人は、それこそ今という瞬間を残すために絵を描いていたわけだから、それに比べればシャッターボタンを押すだけで残せるようになったなんて、まぁ便利は便利なんだけど。

ただ、写真としては残せるのだけど、その時の気持ちまでを残すことはできない。
写真を見たときに、その時の気持ちまでをも思い出すことができるような、そんな写真を少しでも残しておきたいなと思っているのだけど、みんなはどんな風に写真を撮っているんだろう。

 

 

PENTAX K-3 II smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited ISO100 f2.8 1/60

PENTAX K-3 II smc PENTAX-DA 35mm F2.8 Macro Limited ISO100 f2.8 1/60

 

フィルムで写真を撮った方が、なぜだか撮った時のことをよく覚えているとよく聞く気がするし、実感としてもそんな気がしている。一回の撮影での枚数は、フィルムを使った時の方が絶対的に少ないから、覚えやすいのかなぁ。
フィルムの値段がここまで高くなった今となっては、フィルムを使って写真を撮る時の方が自ずと集中力が増すから、というようなことだったりするのかな…。

ただ、フィルムで撮れば、現像に出して必ずちゃんと見返す。そして、その時に自然と撮った時のことをあれこれと思い出すからなのかもしれない。デジタルだと、見返して現像するにしても、不思議と写真に対するスタンスが違ってくる。
本当に不思議なんだけど。

僕の場合、フィルムに対して、勝手にノスタルジーのようなものを感じているところがあるけど、やっぱりデジタルは良くも悪くも「手軽」ということなのかもしれない。いや、むしろデジタルの方が奥が深い要素はたくさんあるんだけど。
どれだけ突き詰めるかは別にして、写真という像を得るという点についてはデジタルが圧倒的に楽だ。

写真という形にするまでに、フィルムの方が何かと手がかかる。
やっぱり何でも手がかかるものの方が愛着が湧いたり、記憶に残ったりするものだし、フィルム写真もそれと同じなのかもしれないなぁ。

 

PENTAX K-3 II smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited ISO100 f2.8 1/1000

PENTAX K-3 II smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited ISO100 f2.8 1/1000

 

でも、それだけじゃなくて、写真を見返したときに感じる「自分の視線」から自分の気持ちが蘇ってくることがよくある。

その時の自分の目に写っていた光景が写真を通して思い出されるような感じ。

写真を撮る時って、水平垂直を気にしたり、構図や露出を気にしたりしがち。生半可に写真の知識がついてしまうと、僕のようにそれに振り回されたりして、結局何を撮りたいのかよく分からなくなったり(僕だけかもしれないけど)。

あ、いいな!と思った瞬間、何も考えずに急いでシャッターを切った後、あれこれ考えて撮り直してみたりしても、結局最初の一枚が一番いい、なんていうことがよくある。
いいなと思った瞬間に写真を撮るとその時の気持ちが感じられる写真になりますよ、なんて聞いたりするけど、それは写真に自分の視線が感じられるという要素が大きいんじゃないかなーと思っている。

作品として写真を撮るとか、人から依頼を受けたり仕事での撮影となると、どういう撮り方がふさわしいのか考えることはたくさんあるけど、自分のための家族写真ならそんなことはどうでもいい。
自分が見ているまんまに撮ることが、一番なんじゃないだろうか。そうすれば、出来上がった写真を見たときに、シャッターを切った瞬間の光景と気持ちが蘇ってくるかもしれない。

 

そのためには、やっぱりファインダーを覗いて撮る方がいいと思うし、しっくりとくる画角を見つけることも大切かもしれない。
スマホやコンデジだと液晶画面を見ながら撮影するから、どうしてもいつもの自分の視線とはずれてしまいがちなので。

PENTAX Qで撮る時はなるべくいつもの視線で撮るように気をつけてはいるものの、ちょっとやりにくい。やっぱりファインダーを覗きながら撮る方がしっくる来るし、外付けファインダー買おうかなぁ…。

 

今は子供の写真を見下ろした感じで撮ってるけど、いつかは向き合う感じになったり、見上げるようにして撮るようになったりするんだろうか。

 

その時になっても写真を撮らせてくれていればだけど…。

 

 

Popular Posts:

Leave a Reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。